読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡うららかパークライフ

RUN、山、本など身の回りの出来事・気になることを写真とともに綴ります

『ポンペイの壁画展』 福岡市博物館

紀元後79年、ヴェスヴィオ山の大噴火によって失われてしまった町、ポンペイ
火砕流に一気に飲み込まれ、又は火山灰に埋没してしまったため、住宅や農園別荘、宗教施設などの壁画が非常に保存状態よく残されたそうです。
古代ローマ時代の豊かな生活の一端が垣間見える、そんな壁画が九州初上陸!
…ってことで、洋の東西を問わない古代好きの私、さっそく観てきました~(^▽^)/

展覧会のHPに「会場内写真撮影OK!」とあったので、カメラ片手に入場です。
素敵だなと思ったものをいくつか載せていきますね。

まずはヴェスヴィオ山とポンペイの位置を確認。結構離れているんですね。
f:id:fuk-uraraco:20170420224508j:plain

f:id:fuk-uraraco:20170420225157j:plain
上の3点はこの展覧会の最大の目玉としてチラシにも載せてあったもの。
いずれもひときわ大きく、圧倒的な美しさです。
左側『テセウスミノタウロス退治』。
f:id:fuk-uraraco:20170420225537j:plain
この色合い、よく現在まで残されていたものです。素晴らしい。

お次は少々小ぶりな壁画。
f:id:fuk-uraraco:20170420225608j:plain
英雄ヘラクレスの表情が、なんだかこんなオッサンいるよねって感じで妙に微笑ましい(なんて失礼な…)。

もう少し撮影したので、明日も続きます(^▽^)/

それにしても、カメラOK!って分かっていても、実際に撮影している人はあまりいなくて(スマホ撮影はちらほらいましたが)最初のうちはなかなか恥ずかしくて撮れませんでした…。
音とかね、大きくて響いちゃうじゃないですか(;´・ω・)なにせ小心者なもので…(笑)